静岡県の老人ホーム・介護施設情報サイト

まずはお気軽にお電話下さい!
ホーム >  介護お役立ち情報 >  老人ホームの選び方 > 要支援2に合う老人ホームの選び方・受けられるサービス

介護お役立ち情報

要支援2に合う老人ホームの選び方・受けられるサービス

2023年5月5日
カテゴリー:
介護お役立ち情報

介護保険には軽度順に自立・要支援・要介護とあり、8段階で判定されます。要支援2は要介護になる前の段階です。要支援2の方でも入居できる老人ホームはあり、様々な理由から入居されている方も少なくありません。こちらの記事では、要支援2はどのような状態なのか、受けられる介護予防サービス、要支援2に合う老人ホームの選び方についてご説明しています。

要支援2とは

静岡老人ホーム紹介タウンYAYA_要支援2に合う老人ホームの選び方・受けられるサービス

要支援2とは要介護よりも介護の必要性が低い区分ですが、受けられる介護サービスがあります。要支援2の状態や、要介護1との違いを紹介します。

要支援2の状態

要支援2の状態は、身のまわりの世話に見守りや手助けが必要で、立ち上がる・片足立ちなどの複雑な動作にも何か支えが必要です。歩く・両足で立つなど移動の動作には、支えが必要なことがあり、排泄や食事はほとんど自分でできる状態です。ただし状態の基準はあくまで目安であり、この状態にあっても要支援2にあたらない可能性もあるため、参考程度にとどめてください。

要介護1との違い

要支援2の次の区分が要介護1で、要支援2の状態に加えて精神・行動障害や認知機能の低下が見られると要介護度1になります。要介護1の要介護認定基準時間は要支援2と同じ32分以上50分未満です。

要支援2で受けられるサービス

静岡老人ホーム紹介タウンYAYA_要支援2に合う老人ホームの選び方・受けられるサービス

要支援2の方は要介護認定を受ける前のため、受けられるサービスは介護予防サービスです。通所型の介護予防サービスはデイサービスやデイケアと呼ばれる通所リハビリテーションで、短期宿泊型のものはショートステイ・医療型ショートステイがあります。訪問型の介護予防サービスには、訪問入浴・訪問リハビリテーション・訪問介護・居宅療養管理指導があります。

福祉用具のレンタルは介護保険を使ってできますが、要支援2の段階ではまだ少なく・工事のないスロープ・排便機能なしの自動排泄処理装置・歩行器・歩行補助杖・工事なしの手すりなどが対象です。介護予防のために住宅改修する場合、介護予防住宅改修費という補助金を要支援2の方も利用できます。

要支援2に合う老人ホームの選び方

静岡老人ホーム紹介タウンYAYA_要支援2に合う老人ホームの選び方・受けられるサービス

要支援2の方は自分でできることが多いため、一人暮らしでもほとんど問題なく暮らせる方もいます将来を見据えて老人ホームへ入居するとさまざまなメリットがあります。以下の理由や入居がおすすめの方の例を見て、興味がわいたときは検討してください。

要支援2の方の入居理由

要支援2の方で、老人ホームへ入居する理由には、以下のようなものがあります。
・一人暮らしで、安全面に心配がある
・もしものとき、対応できるか不安
・毎日の家事を負担に感じる
・人と交流して孤独感をなくしたい

要支援2の方はそれほど介護が必要ではないため、家族の負担は少ない場合が多く、家族への負担よりも一人暮らしの不安の方が多くなっています。

入居者との交流やレクリエーションをしたい方

人との交流を重視してレクリエーションやイベントの多い施設を選びたい方には、介護付き有料老人ホームや住宅型有料老人ホーム、サービス付き高齢者向け住宅の介護型がおすすめです。介護付き有料老人ホームは自立や要支援の方も入居可能な施設であれば、自立や軽度の方も入居されていることもあります。

住宅型有料老人ホーム は施設内がバリアフリーで生活しやすい内装になっており、介護サービス費用は含まれていないため、介護付き有料老人ホームより安く入居できるメリットがあります。介護サービスを全く利用できないわけではなく、外部へ委託することで利用できます。

サービス付き高齢者向け住宅の介護型 もバリアフリーの過ごしやすい施設で、介護度の低い利用者も受け入れており、要支援2の方も施設を選びやすいところがメリットです。

自宅での生活をあまり変えたくない方

サービス付き高齢者向け住宅の一般型は生活の自由度が高く、施設タイプによっては入居してからもそれまでの生活をあまり変えずに暮らせます。賃貸の施設のため初期費用が安く、有料老人ホームよりも入居しやすい点がメリットです。

認知症対応が充実している施設が良い方

要支援2から入居できるグループホームは、認知症ケアに特化したアットホームな施設であり、住み慣れた地域で安心して暮らすことが目的です。小規模な施設で入居者が少なく、介護スタッフとのコミュニケーションをとりやすいというメリットがあります。入居は認知症であることが条件なので、要支援2で認知症と診断された場合は入居対象にあてはまります。

老人ホームに関するご相談なら

静岡老人ホーム紹介タウンYAYA_要支援2に合う老人ホームの選び方・受けられるサービス

要支援2の方は自分の力でできることが多く、一人暮らしもできる状態のため、老人ホームへの入居は考えないかもしれません。しかし体の具合が変化し要介護度1に認定されると、難しいことが増え、必要な介護保険料も増えていきます。認知症の心配もあるときは老人ホームへの入居を検討してはいかがでしょうか。老人ホームに関するご相談は静岡老人ホーム紹介YAYAにご相談ください。

静岡老人ホーム紹介YAYAは、お客様一人ひとりの状態に合った老人ホーム探しをお手伝いしています。施設選びや見学にも同行するので、より満足いただける施設選びが可能となります。相談から入居まで無料でご利用いただけます。お問い合わせはこちらからどうぞ

静岡老人ホーム紹介タウンYAYA_問い合わせ_資料請求

関連記事