静岡県の老人ホーム・介護施設情報サイト

まずはお気軽にお電話下さい!
ホーム >  介護お役立ち情報 >  老人ホームの基礎知識 > 介護医療院とは・わかりやすく特徴や入所条件を解説

介護お役立ち情報

介護医療院とは・わかりやすく特徴や入所条件を解説

2023年1月24日
介護お役立ち情報

介護医療院は介護保険サービスで利用でき、医療的ケアが充実している介護施設です。介護医療院を知りたい方へ、介護医療院の種類、入所条件、費用、受けられるサービス、他の老人ホームとの違いなどについてわかりやすく説明します。

介護医療院と

静岡老人ホーム紹介タウンYAYA_介護医療院とは

介護医療院は医療と介護の両方を提供する施設です。医療が長期的に必要な要介護者のための療養と生活支援ができる施設であり、重度の要介護者でもしっかりとした医療を受け、充実した生活を送ることが可能です。

2024年3月に廃止となる介護療養型医療施設の転換先として創設された施設で、医療・介護を提供するだけでなく、自立支援や地域に開かれた交流施設の役割も担います。利用者の尊厳も理念の一つで、多床室でもプライバシーが守られるような環境づくりをしています。また、介護医療院は介護保険が適用されます。

介護医療院のⅠ型・Ⅱ型・医療外付け型とは

静岡老人ホーム紹介タウンYAYA_介護医療院とは

介護医療院には、I型、II型、医療外付け型があります。

I型は重篤な身体疾患を持つ、また身体合併症を有する認知症高齢者が対象、II型はあまり重篤ではない安定した状態の高齢者が対象です。I型が重度の要介護者に対して医療を提供する施設であるのに対し、II型はリハビリなどを提供し、在宅への復帰をサポートするのが特徴です。

I型は医療重要度の高い利用者を受け入れるため、医師の配置人数がII型よりも多くなります。24時間の看取りも可能です。II型でもターミナルケアや看取りも可能ですが、オンコール体制での対応になります。

I型とII型は医療内包型ですが、医療外付け型は居住スペースと医療機関が併設された形態です。

介護医療院の入所条件

静岡老人ホーム紹介タウンYAYA_介護医療院とは

入所条件は、要介護認定を受けていること。要支援の場合は入所できません。要介護認定は65歳以上が条件ですが、特定疾病の場合は64歳以下でも申請が可能です。

要介護認定を受けていれば要介護認定が1でも入所可能ですが、自宅での介護が困難だったり、日常的な医療ケアが必要だったりするなど、介護度の高い方が優先されることが多いようです。

費用

静岡老人ホーム紹介タウンYAYA_介護医療院とは

介護医療院では、月額費用として、介護サービス費、食費、居住費、日常生活費がかかります。有料老人ホームのように入居一時金などはかかりません。

介護サービス費は1日あたり1,000円前後。要介護度や施設の形態、処置などによって変わります。

居住費は1日あたり1,000円未満~2,000円 程度。居室タイプにより金額が変わり、個室は高くなります。また、段階(所得や預貯金額)によって負担限度額が変わります。

食費は1日1,000円前後。食事の提供と食事介護を含む金額です。

日常生活費としては理美容費や電話代、新聞・雑誌、クリーニング費用などがかかります。

受けられるサービス

静岡老人ホーム紹介タウンYAYA_介護医療院とは

介護医療院で受けられるサービスは、身体介護、生活支援、医療的ケアです。介護サービスも医療ケアも充実し、さらに自立に向けたサポートも行います。それぞれのサービス内容について解説します。

身体介護

入浴や食事、排せつなど日常生活におけるサポートや健康管理のほか、リハビリの専門職による機能訓練も行います。利用者の自立した生活を目指し、PTやOT、STが利用者のニーズや能力に適したリハビリを提供。レクリエーションなどもあり、施設によって習字や合唱、体操や塗り絵などさまざまな活動を受けられます。

生活支援

日常生活を送るうえで必要な生活支援を行います。掃除や洗濯などは、身体の状態によっては困難な場合も多く、それらをサポートすることで快適な生活を送る事が可能です。設備面では、食堂や談話室、レクリエーションルームなどもあり、スタッフやほかの利用者とコミュニケーションを取れる環境が整っています。

医療的ケア

医療面においても充実したサポートがあるのが介護医療院の特徴です。喀痰の吸引、経管栄養、在宅酸素、点滴、褥瘡ケアなどのほか、必要に応じて検査や投薬なども行います。

医師をはじめ看護師や介護スタッフ、リハビリスタッフ、薬剤師、栄養士、さらにケアマネージャーが配置され、行き届いた医療が提供されています。看取りやターミナルケアにも力を入れているケースが多く、終末期の受け入れ先としての役割も担います。

他の老人ホームとの違い

静岡老人ホーム紹介タウンYAYA_介護医療院とは

医療や介護サービスを提供してくれるのは、老人ホームでも同じです。しかし、介護医療院は他の老人ホームとは異なる点があります。ここでは、特別養護老人ホームと介護付き有料老人ホームとの違いを解説します。

特別養護老人ホーム(特養)との違い

特別養護老人ホームの目的は、要介護高齢者の生活をサポートすること。レクリエーションやイベントなど、医療よりも介護に重点を置いた施設です。原則として要介護3~5の方が対象です。

一方、介護医療院は長期療養を含めた医療面におけるニーズにもしっかり対応します。特養においても看取り看護を行う施設も増えていますが、医療面においては介護医療院の方が充実しています。

介護付き有料老人ホームとの違い

介護付き有料老人ホームは介護サービスのほか、レクリエーションやイベントが多く、生活を楽しめる設備などが充実している施設が多いのが特徴です。介護医療院が公的施設であるのに対し、介護付き有料老人ホームは民間施設であることが多いです。充実した設備や生活を楽しめる環境、手厚い介護など、さまざまなサービスを選べるのが魅力です。

ただし、費用面における幅も広く、適した施設を選ぶことが重要。その点介護医療院は公的施設のため、比較的低額で入所可能です。

介護医療院のメリット・デメリット

静岡老人ホーム紹介タウンYAYA_介護医療院とは

医療も介護も充実し、費用も比較的低額である介護医療院。メリットも多いですが、デメリットも把握しておく必要があるでしょう。介護医療院のメリット・デメリットについて解説します。

メリット

医療も介護も充実している点は大きなメリットです。医師や看護師が常駐し、在宅では難しい医療ケアや長期療養、さらには看取りまで行う施設なので、安心して生活ができるでしょう。

ニーズに対応したリハビリもあり、自立に向けた支援も行います。レクリエーションなどもあり、脳や身体の機能維持・向上のためのサポートもあります。

デメリット

公的施設で介護付き有料老人ホームなどと比べれば低額であることも多い介護医療院ですが、利用が長期にわたれば費用がかさみます。食費や居住費など生活費がかかるので、資金に関する計画を立てておくことをおすすめします。

また、施設数が少なく自由に選べない点もデメリットと言えるでしょう。個室がないケースもあり、入所の際にはプライバシーがどの程度守られるかを事前に確認する必要があります。

介護医療院の入所条件に当てはまらない方へ

静岡老人ホーム紹介タウンYAYA_介護医療院とは

メリットの多い介護医療院であっても、入所条件に当てはまらなければ入所できません。多くは、介護度の高い方が優先されるので、なかなか入所できないこともあるでしょう。その場合は、特別養護老人ホームや介護付き有料老人ホーム、グループホームなどを検討してみるのも方法の一つです。

特別養護老人ホームは比較的低額で医療・介護サービスを受けることができます。

介護付き有料老人ホームはさまざまなサービスを提供している施設も多いので、選択肢の幅が広がります。

グループホームは認知症高齢者のための介護施設で、認知症ケアに特化したケア・サービスが受けられます。それぞれの施設の特徴を把握し、適した施設を検討してみましょう。

老人ホームの入居を検討されている方へ

静岡老人ホーム紹介タウンYAYA_介護医療院とは

介護医療院は医療・介護の提供や看取り・ターミナルケアとともに、生活の場としての機能が取り入れられた施設です。自立支援を伴った介護度の高い方への対応も可能です。

病院での治療が終わり退院した後、在宅で介護ができない場合もあるでしょう。医療面と介護面の両方をサポートしてくれる介護医療院であれば、安心して生活ができます。終末期ケアを考えている方にとっても、選択肢の一つとなるでしょう。

静岡老人ホーム紹介タウンYAYAはお客様一人ひとりの状態に合った老人ホーム探しをお手伝いしています。施設選びや見学にも同行するので、より満足いただける施設選びが可能となります。お問い合わせはこちらからどうぞ

静岡老人ホーム紹介タウンYAYA_問い合わせ_資料請求

関連記事